初代iPhoneが発売されて以来、気づいてみると早10年以上たっていました。毎年いろんなiPhoneが発売されていますが、どれぐらい性能が向上してきたのかちょっとまとめてみました。最近では、Appleから並行して過去の機種が発売されていたり、中古で古いものが比較的敷居が低く使える時代になったので、参考にして頂けるとありがたいです。
いろんな計測データを元にまとめてみましたが、過去のデータ(特に初期時代)は少し怪しいかもしれません。

(Geekbench,3DMark,GFXBench GL 3.1,AnTuTu Benchmark,MOBILE GPUMARKなどのデータを元にしています。)

性能のまとめ

今回の性能のまとめかたですが、日本で、2008年に発売された最初のiPhoneである、iPhone 3Gの性能を1としたときに何倍ぐらいの性能になっているのかを図とともに一覧にしてみました。(*単純なCPU、GPUの性能を比較しているのでその他機能については勘案していないリストです。)

今度発売されるIPhone 9の情報は出回っている情報で正確なものではないので、注意してください。(発売後に情報が出回ってきたら更新します。)

発売年 名前 性能倍率 性能の肥大化図
2008 Apple iPhone 3G 1
2009 Apple iPhone 3GS 4
2010 Apple iPhone 4 5
2011 Apple iPhone 4S 13
2012 Apple iPhone 5 35
2013 Apple iPhone 5C 35
2013 Apple iPhone 5S 58
2014 Apple iPhone 6 100
2014 Apple iPhone 6 Plus 102
2015 Apple iPhone 6S 146
2015 Apple iPhone 6S Plus 149
2016 Apple iPhone SE 169
2016 Apple iPhone 7 191
2016 Apple iPhone 7 Plus 194
2017 Apple iPhone 8 642
2017 Apple iPhone 8 Plus 647
2017 Apple iPhone X 649
2018 Apple iPhone XS 714

iPhoneの性能について

性能が違うと、iPhoneがきびきび動いたり、Safariなどブラウザでインターネットを使う場合の、読み込み速度や、きれいなグラフィックでゲームができたりします。
あまりにも古いiPhoneで性能が悪い場合、最悪動かないアプリやゲーム、iPhoneの反応が悪かったり、インターネットの速度が遅かったりしてきてしまいますので気にしたいところです。


もし気に入って頂けたら共有して頂けると励みになります!