このいらないIPadどうしよう

かなり昔のタブレットとか、スマートフォンとか結構余ってしまってあったりしますよね。
私もなんだかんだ、IPad2台、Amazon Kindle 1台、Windows タブレット 1台と増加してきて、使わない端末が増えてきてしまいました。
今まで古いIPadは時計代わりにしていたのですが、PCのサブディスプレイにするアプリがあるらしくそれを試してみることにしました。

Splashtop Wired XDisplayで、IPadをサブディスプレイ化

Splashtop Wired XDisplayというアプリを、タブレットとPCにインストールすると比較的簡単に、IPadのサブディスプレイ化ができるようなので、試してみました。

サブディスプレイ化手順

  1. App Storeで、Splashtop Wired XDisplayをインストール
    App Storeへのリンク
  2. PCへSplashtop Wired XDisplayをインストール
    SplashtopのHPにアクセス(リンク)して、PC用のものをダウンロードします。

    ダウンロードしたものをダブルクリックして、インストールをすると一瞬画面が暗くなったりしましたが、完了後設定画面が立ち上がりました。

    IPadをPC側が認識するために、Apple Mobile Device Serviceが必要なようなので、Itunesを入れて一緒に設定してしまいます。


    一度Splashtop Wired XDisplay Agentを立ち上げなおして、ようやくエラーが消えました。

  3. IPad側で、XDisplayを起動
    起動してみると、ずっと Connect to your computer…とで続けていたので、ケーブルをさしなおしてみるとうまく接続ができました。

    これで設定は完了です!

    しっかりとWindows側でも、認識をするようになりました。



サブディスプレイの動作確認

ソフトウェアを使って若干無理やりにサブディスプレイ化をしているので、どれぐらい遅延などがあるのかいろいろいじってみました。
実際の様子を撮影してみたので、参考にしてみてください。

もし気に入って頂けたら共有して頂けると励みになります!