OneNote用のアカウントの作成を前回行ったので、

IPadをノート代わりにしてみる – OneNoteの使い始め

今回はIPadで、OneNoteの基本的な使い方を説明したいと思います。

ひとまずOneNoteをインストール

まずは、IPadのSafariで下記URLからIPadをインストールします。
IPadのダウンロードページへ

IPadを起動後にログインIDとパスワードを聞かれるので、メモしていたものを入力しアカウントにアクセスします。

ログインをすると、デフォルトのノートが開かれていると思います。

(もし開かれていない場合は、その他のノートブックを選択して開いてください。)

前回触れましたが、ノートブック > セクション > ページという階層構造になっています。
ページにいろんな情報を書いていくことになります。


OneNoteのメニュー

OneNoteでは、ホーム、挿入、描画、表示という4つのメニューだけになります。
(デスクトップ版ではもっとあります。)

ホームでは

入力したテキストの装飾をメインで行うところです。
(テキストを太字にしたり、色を変えたり、、、)

挿入では

表やIPadで撮影した画像の取り込み、音声の録音データの取り込みなどのデータをページ上に追加できます。

描画では

ペンで直接書き込むモードの時のペンの色、太さの指定、書いたものの選択をするためのものです。

表示では

ページにグリッド線を表示したり、ページの色の変更など、表示上の設定を行う画面です。

ざっと動画で一通りのメニューを表示、簡単な動作をしてみた動画を見てどんな感じなのか見てみてください。

次回から、一つ一つ細かい機能に触れていきたいと思います。
まずは文字の入力についての記事になります。

もし気に入って頂けたら共有して頂けると励みになります!