つい最近IPadで何ができるのか聞かれる機会があって、何となくでしか説明できなかったので、一度IPadだと何ができるのか、どうすごいのかちょっと整理をしてみました。

基本的にはIPhone、IPadにはIOSが搭載されていてAppleから発売されているもので、似通ってきます。
ではどんなところが違うのでしょうか?

IPhoneとの違いは?

同じIOSが乗っているので、ほぼほぼ似てきますが、大きく違う点は
・画面の大きさ(2つのアプリを同時に見たりもできます。)
・性能の違い
・ペンの対応
になってくると思います。

では、IPadで何ができるのか早速整理していきます。

ネットを閲覧する

IPadでは、ネットの閲覧ができます!。。。
IPhoneでもできますが、画面の大きさが違うので、見える領域が異なってきます。
家族と一緒に見たりするのには最適だと思います。
IPhoneなどのスマートフォンの場合ネットで表示されるレイアウトが違うことが多いので、IPadだと意外と見やすいです。

ノート・メモする

今はIPad、IPad ProともにApple Pencilに対応しているので、ノート代わりに利用することができます。
以前「IPadをノート代わりにしてみる」の記事
https://rswork.jp/ipadをノート代わりにしてみる/)
で紹介してみましたが、少し重いノート代わりになりつつ、ほぼ無限にメモを取り続けることができます。
タブレット端末では断トツのシェアをもっているので、ケースも豊富で本当のノートのようなケースもあるので、仕事でも使うのもいいと思います。
こんな高級感のある革ケースもあります。

絵・イラストを描く

自分で絵をかくため、子供に落書きをさせるためにIPadを利用することができます。子供にIPadをぶん投げられて破壊されたりすることはあるかもしれませんが、ケースでしっかりガードしておけば問題ないです。
ノートのようにびりびりにされたり、Apple Pencilなので、壁に落書きされる恐れもありません。

自分で絵を描く場合も画面に精彩に、Apple Pencilを使って書き込むことができるので、きれいなイラストを描くことができます。

映画・ドラマを楽しむ

映画・ドラマはどこかのサービスを利用しないといけないですが、IPhoneに比べると大画面で、スピーカーも悪くないものを搭載しているので、外出先でも楽しめます。車に乗っている間に子供にアンパンマンなどなどを見せてということも可能です。

漫画・本を読む

IPadの画面の大きさだと、漫画、本を読むのに最適です。
最近は定額でいろんな雑誌を読めるサービスも充実しているのでそれを利用するのもいいですし、Amazon Kindleのアプリを利用して本を購入してIPadで読むのもいいと思います。
大量の重い本を持ち歩かずにIPadだけ持っていれば色々見れるのはすごい利点です。

音楽を聴く

スピーカーとつなげる環境があればIPadが出る幕はないですが、比較的いいスピーカーが搭載されているので、音楽をどこでも楽しめます。
当然クラウドサービスとつなげていれば、その場で好きなものを購入して聞き始めるなんてこともできます。

写真を見る・編集する

写真の撮影もできますが、巨大なIPadで撮影するのはあれなので、写真をみるのにIPadはいいと思います。一つのアルバムほどの大きさなので、その中に何百枚、何千枚という写真を見れるのはいいところです。
写真の編集も簡単な修正であればすぐにできます。

オフィスファイルを閲覧・編集する

Microsoftのオフィスデータも、専用アプリケーションを入れておけば、閲覧に加えて編集することもできます。
プレゼンテーションをするときも、IPadだけあれば資料の投影なども可能です。
IPadにキーボードなどを接続していれば、ほぼほぼパソコンとそん色ないレベルでWordに文字の打ち込みができます

ビジネスシーンでの仕事効率化ツールとして

開発系の仕事をIPadで行うのは難しいですが、Web上のクラウドサービスや、専用のアプリがある仕事であれば十分仕事でも活用することができます。
IPadには今日やるタスクなどを表示しておいたり、Slackなどのチャットアプリを入れてそこで確認したりと様々なことができます。
カメラもついているので、QRコードで出退勤管理してみたり、カードリーダーと接続をしてレジ替わりにしたりなどなど様々なシーンで利用できます。

カーナビとして使う

Google MapやYahoo Mapなどを使用すればカーナビよりも安く、大画面のカーナビ代わりになります。車への設置をしっかりと考えないといけないですが、地図の制度は常に最新なので、場合によってはカーナビよりも正確な情報を提供してくれます。

ゲームをプレイする

IPhoneでできるゲームのかなりがIPadでも動くので、大画面でゲームをしたい場合には最適です。FPSなどのゲームの場合大画面で表示領域が大きくIPhoneよりも性能がいいので、有利になるに違いないです!

子供向けの知育に

IPad専用でかなりの子供向けのアプリが存在しています。
触ると音が出たり、触りながら動かしたり、タッチすると動画を見せたりと2Dでの環境にはなりますが、知育に役立つアプリが満載です。
ひたすらYoutubeを見せ続けるのはあれかもしれないですが、結構子供の相手になってくれるツールです。

まとめ

IPadでできることは結構IPhoneでもできることが多いですが、IPadの大きさなどの利点を考えると一家に一台あると便利なツールになります。
仕事場でも十分つかえるようになってきているので、ある程度限定された職種や環境にはなりますが、専用のアプリそしてUIなどをしっかりと考えればかなりの効率化ツールになりえると思います。

もし気に入って頂けたら共有して頂けると励みになります!