結構いろんな携帯キャリアが増えてきましたが、プランなど複雑だったり、割引も数か月でなくなるものをあたかも、この料金でずっと使えるような書き方をしていたりしてわかりにくいので、今回はスマートフォンをたくさん使う人向けにどのように選べばよいのかまとめてみたいと思います。
*数か月で終わる割引は基本無視します。

スマートフォンをたくさん使う人
データ容量を大量に消費する、通信速度も動画などを見るので必要という定義で、どういう選び方をすれば安くかつ、データ容量も大きく、通信速度も安定させられるかを見ていきたいと思います。

幾つか容量をどれぐらい消費するのか目安を記載しておきます。
Youtubeを高画質で1時間ほど視聴すると800MBほど消費します。
Instagramを1時間ほどスクロールしながら眺めていると840MBほど消費します。
LINEだと画像500枚ほど送りあうと、通話のみだと55時間、ビデオ通話だと3時間ほどで1GB使用します。

まずは3大キャリアのドコモ、AU、ソフトバンク

ドコモ

ドコモの場合ですが、
通信速度安定
価格:ギガホ(30GB)までと、通話オプションなしで、月額7865円
正直なところ、Youtubeなどをガンガン見る人だと30GBは心もとないです。
2年契約で30GBを60GBに増やしたりすることもできるようですが、縛りが発生します。60GBあればヘビーユーザーでもなんとかなりそうです。

AU

AUの場合ですが、いろんなプランがありますが、auデータMAXプランProで見ていきます。
通信速度安定
価格:継続利用などの割引なしの場合、容量は無制限で、月額9150円
となります。無制限なので、データ容量は気にしなくてもよさそうに見えますが、あまりにも使いすぎると通信速度を制限するようなので注意が必要そうです。

ソフトバンク

ソフトバンクの場合は、ウルトラギガモンスター+を選択することになります。
通信速度安定
価格:色々1年お特割などありますが、そのあたりは無視すると50GBで、月額7480円
となります。50GBだとちょっとたくさん使う人だと足りなくなるかもしれません。

3大キャリアを比較してみると、ソフトバンクが一番安く見えますが、50GBという制限があり、気兼ねなく使うならAUの容量無制限で月額9150円が選択肢になりそうです。

準キャリアのUQモバイルと、ワイモバイルだとどうでしょうか?

UQモバイル

通信速度安定
価格:UQモバイルだとデータ通信量はMAX14GBまでのものしかありません、 それで月額3980円
17GBまで上がるキャンペーンをやっているようですが、正直なところデータ容量はたりず500MB/500円で追加することになると思います。

ワイモバイル

通信速度安定
価格: Rプラン(14GB)で月額4680円です。 ワイモバイルだとデータ通信料はMAX14GBまでしかありません。電話無料プランが自動でついてきてしまうので少し高めになります。

準キャリアの2社の場合は最大容量が少なく、追加で支払うことになり3大キャリアで契約をするより高くつきそうです。

MVNOだとどうなるでしょうか?

今回はIIJ MioとLINE Mobileを出して比較してみます。

IIJ mio

通信速度不安定
MVNOなので通信速度は準キャリアと3大キャリアと比べるとかなり遅いです。
価格:ファミリーシェアプラン(12GB)で3260円です。準キャリアと同様容量は少な目で、追加が発生しそうです。

LINE Mobile

通信速度不安定
LINEモバイルもMVNOなので通信速度は準キャリアと3大キャリアと比べると遅いです。
価格:コミュニケーションフリープラン(10GB)で3220円です。容量は少なめですが、LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ通信はカウントされないのがいいところです。上記4サービスをメインで使っている方ならよさそうですが、それ以外がある場合はアウトです。

大手3キャリアと、準キャリア、ピックアップしたMVNOで比較しましたが、 データ容量を大量に消費する、通信速度も動画などを見るので必要という定義を満たせるのは、大手3キャリアぐらいしかなさそうに見えます。
ただ他のサービスと組み合わせることで、大手3キャリア以外でも満たせる方法があります。

ポケットWifiと組み合わせて利用することで、ポケットWifiの無制限利用を活用して利用料をかなり抑えることができます。

今回は依然紹介した限界突破Wifiを組み合わせた場合どうなるか見てみたいと思います。もしよければ紹介記事と、レビュー記事を参照してどんなサービスなのか見てみてください。

限界突破Wifi紹介記事

限界突破Wifiレビュー記事

限界突破Wifiと組み合わせた場合

限界突破Wifiと組み合わせた場合ですが、データ通信は限界突破Wifiを使うので、大手キャリア、準キャリア、MVNOのデータ通信料、速度は気にしなくてよくなります。
上の紹介記事と、レビュー記事でも触れていますが、速度も良好で、安定もしている上に、最適な大手キャリアを選んで通信をしてくれます。

限界突破Wifiの料金は月額3500円なので、この部分を足して月額を見ていくことになります。

大手キャリアの最低データ通信量は高いので除外して、ほかで見ていくと。
UQモバイル
1480円 3GB
ワイモバイル
2680円 3GB
IIJ mio
1600円 3GB
LINE Mobile
1200円 1GB
が最低基本使用料になります。

上の料金に限界突破Wifiの月額3500円を足していくと
UQモバイル
4980円
ワイモバイル
6180円
IIJ mio
5100円
LINE Mobile
4700円
となります。

大手3キャリアと比べるとだいぶ料金を抑えられます。
限界突破Wifiは同時に複数端末も繋げられる、PCなども接続できるなど利点もあります。
デメリットとすれば、限界突破Wifiを持ち歩くことになるので、その管理が手間になるぐらいです。

限界突破Wifiの公式ページは下記リンクから参照してみてください。
結構早く端末は送られてきました。

それぞれの通信会社でいろんなサービスも展開しているので、以前の記事を参考にしてみてください。

気に入ったら是非シェアお願いします!