ここ1〜2年で大きな話題となったスマートスピーカー。

「話し掛けるといろんなことができる」くらいのことは分かるものの、実際の日常生活の中でどんな風に役に立つのでしょうか。

今回はGoogleが提供するスマートスピーカー「Google Home」について紹介していきます。

1.簡単な調べ物・検索

「ここから品川駅までの行き方は?」

「近所のスターバックスの営業時間は?」

このような質問をすると、Google Homeが瞬時に答えてくれます。

現在地情報ともリンクしているため、「ここから〜」「近所の〜」といったワードにも上手く対応してくれます。

2.天気予報、ニュースを聞く

「明日の天気は?」

「今日のニュースは?」

このように呼び掛けると、天気予報やニュースを流してくれます。

朝の忙しい時間などにサクッと情報を確認できるのが便利です。

3.アラーム機能

「○分タイマー」

のように呼び掛けると、タイマーを設定することができます。

料理をしている時など、手が離せない時に声だけで設定できるのが便利です。

「煮物のタイマー○分、オーブンのタイマー△分」

のように呼び掛ければ、複数のタイマーを同時に設定することもできます。

4.音楽の再生

Google Play Musicなどの音楽サービスと連携して、音楽を再生することができます。

「盛り上がる曲をかけて」

「悲しい気分の時に聞く音楽をかけて」

こんな無茶ぶりにも対応してくれます。

5.家電のコントロール

スマートスピーカーに対応した家電であれば、

「部屋の電気をつけて」

「エアコンをつけて」

といった感じでコントロールすることができます。

スマートスピーカーに対応した家電は現時点ではそれほど多くないのが現状ですが、まずは入門として照明のコントロールを試してみるのが良いでしょう。

スマートスピーカー対応の照明は、3000円前後でも購入することができます。
AmazonのGoogle Homeに対応している証明などはこちら
https://amzn.to/2R4Op5q

家を出る間際「あ、部屋の電気消し忘れた」なんて時に、声だけで照明をコントロールできるのは非常に便利です。

まとめ

スマートスピーカーは一見使いこなすのが難しそうな家電ではありますが、実際は難しい設定などは不要であり、誰でも手軽に使うことができます。

また、Google Homeはこれからも随時アップデートされていき、より使い勝手が良くなっていくとのこと。

近未来的な家電製品に興味があるという人は、ぜひ購入を検討してみてください。

もし気に入って頂けたら共有して頂けると励みになります!