Uber Eats, 楽天デリバリー、出前館をそれぞれ利用して出前をしてみたので、それぞれの特徴などを比較をしてまとめてみました。

配達先の指定の仕方

それぞれのアプリの配達先の指定の仕方についてです。それぞれの会社はの指定の仕方はほぼ似たような形で、現在地以外を指定して配達先の仕方が可能です。
それぞれ微妙に指定の仕方が異なりました。

Uber eats

Uber eatsですが、
・住所の直接入力ー>候補から選択ー>その後詳細な情報を入力
・現在地を取得し設定(地図を利用して微調整可能)
の2種類で指定が可能でした。
現在地点以外へ配達しようとするとひと手間必要になりそうです。

Rakuten Delivery

楽天デリバリーですが、
・郵便番号の入力から候補の選択、現在位置を取得し設定(地図を利用して微調整可能)
という結構シンプルに指定が可能で使いやす感じでした。
現在地点も、その他別の場所への配達も同じ仕方です。

出前館

出前館ですが、
・お届け先のあらかじめの登録が必要(電話番号、メールアドレスなどを設定し新規お届け先を追加)
この一つしかなく、急ぎや出先で指定をしたりするのに少し手間が必要です。
ただ一度入力を済ませているところは選択をするだけで指定が可能です。

飲食店の店舗の数

各サービスの東京タワー周辺に出前ができる店舗数を頑張って数えてみました。
ただ予約センターみたいなものや、出前と関係ない水の修理工事のようなものは除外して、レストランに絞って数えてみました。

Uber eats

72 店舗
Uber eatsですが、比較した中では一番店舗の数が少ないですが、他2サービスに比べると少し違うお店が出ているのにが気になりました。

Rakuten Delivery

115店舗(配送時間90分以内のもの)
楽天デリバリーですが、お店の数もそこそこありました、かなりの数でしたが配送時間がすごくかかるものも表示されるようになっているようで、90分以上のものは除外してカウントしました。
120分以上かかるお店はすごい人気店なのでしょうか?

出前館

126店舗
出前館ですが、結構昔からあるだけありお店の数もだいぶそろっています。
チェーン店系は上記2サービスと被っているところがありますが、出前館の配送スタイルで独自のお店が多いと思います。

ポイント

Uber eats

なし
Uber eatsでは特にポイントシステムなどはないようでした。

Rakuten Delivery

楽天ポイント
楽天デリバリーでは、楽天の強みを生かした、楽天のポイントシステムがついてきます。お店によってはかなりのポイントが付くお店もあるようです。
お店の検索をしたときにそのお店だとどれぐらいのポイントが付くのか表示されます。

出前館

Tポイント
出前館はTポイントと提携しています。Tポイントの連携をしておけば自動で金額に応じて加算していってくれます。
注文時にもTポイントの利用ができます。

続きはこちらからご覧ください

もし気に入って頂けたら共有して頂けると励みになります!