2018年11月7日、新型iPad Proが販売開始となりました。
サイズは11インチと12.9インチの2種類。
今回は新型iPad Proの進化点についてまとめてみました。
今回は前回からハードウェアのただの進化だけでなく色々と進化しています。

ホームボタンをなくした「全面ディスプレイ」デザイン

新型iPad Proにはホームボタンがありません。
ホームボタンがなくなったことにより、ディスプレイ周りの縁部分は極限まで細くなりました。
まるで、画面そのものを持っているような感覚になります。

タテ・ヨコ両方で使えるFace ID

生体認証はiPhone XやiPhone XSと同じように、指紋認証ではなく顔認証(Face ID)に変更となっています。
新型iPad ProのFace IDは、上下左右どの向きでもロック解除が可能です。
動作も軽快であるため、非常に使い勝手が良いです。

新しくなったApple Pencilが便利

Apple Pencilも、新型iPad Proに合わせて新しくなりました。
マグネットで本体にくっつく仕様となっており、くっつけている間はワイヤレスで充電が行われます。
また、ペン上でダブルタップができるようになり、消しゴムへの切り替えなどができるようになったりと、使い勝手も良くなりました。
ただ、以前のApple Pencilは、今回のiPad Proでは使えません。。。


旧型iPad Proとの比較

新旧iPad Proの仕様を比較してみました。

①新型iPad Pro 12.9 vs 旧型iPad Pro 12.9

 新型iPad Pro 12.9旧型iPad Pro 12.9
画面サイズ12.9インチ12.9インチ
大きさ280.6×214.9mm220.6×305.7
厚さ5.9mm6.9mm
重さ631g677g
端子USB-CLightning
チップA12XA10X
容量64GB、256GB、512GB、1TB64GB、256GB、512GB、

②新型iPad Pro 11 vs 旧型iPad Pro 10.5

新型iPad Pro 11旧型iPad Pro 10.5
画面サイズ11インチ10.5インチ
大きさ247.6×178.5mm250.6×174.1mm
厚さ5.9mm6.1mm
重さ468g469g
端子USB-CLightning
チップA12XA10X
容量(GB)64GB、256GB、512GB、1TB64GB、256GB、512GB、

大きさ・厚さについて

12.9インチについては、ホームボタンをなくしたことで小型化が実現しています。
11インチについても、ホームボタンをなくしたことで、大きさをほぼ同等としながらも画面サイズが0.5インチ大きくなっています。
厚さについては、どちらのモデルも薄型化されています。

重さについて

どちらのモデルも軽量化されています。
特に12.9インチについてはマイナス46gと、かなり軽くなった印象です。

端子について

新型iPad ProにはUSB-Cが採用されています。
高速充電が可能になっただけでなく、様々なサードパーティ製の充電器やアクセサリーが使えるようになりました。

チップについて

新型iPad Proには「A12X」が搭載され、より高速で高度なパフォーマンスが可能となりました。
そこらのノートPCよりも高性能と言えます。

まとめ

新型iPad Proは目新しい進化点が多く、購買欲をそそる一品となっています。
「今後、これ以上進化する部分はないのでは?」と思わせるほど、完成されたモデルです。
旧型iPad Proを既に持っている人も乗り換える価値は十分にありますし、長年通常のiPadを使っている人も、これを機に乗り換えてもいいのかなと思います。


もし気に入って頂けたら共有して頂けると励みになります!