近年スマホやタブレットの普及に伴い、多くの人が持ち歩くようになったモバイルバッテリー。
外出先でいつでもスマホやタブレットを充電できるのは、とても心強いですよね。

モバイルバッテリーを選ぶ1つの基準として、「持ち運びやすさ」が挙げられます。
ほぼ毎日持ち歩くものですので、出来るだけ小さくてかつ軽い方が邪魔になりません。

そこで今回はモバイルバッテリーの「持ち運びやすさ」に焦点をあて、おすすめの小型モバイルバッテリーを紹介していきます。

モバイルバッテリーの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

①Anker PowerCore 10000

Ankerはモバイルバッテリーや急速充電器で有名なメーカーで、Amazonでは2年連続最優秀セラー賞を受賞するほどの人気ぶりです。

そんなAnkerが販売するモバイルバッテリーの中でも特に評判が高いのが「PowerCore 10000」。

小型かつ大容量が最大の魅力で、181gの軽さでiPhone XSを約2.6回充電できます。
サイズについてもクレジットカードと同じ程度なので、カバンの中に入れておいても全く邪魔になりません。

充電速度についてはiPhoneであれば1〜1.5時間程度で80%の充電を完了させることができます。
iPhoneの付属の充電器よりも充電速度は早く、外出先での急な電池切れにも対応できます。

本体カラーは4色展開となっており、好みに応じてデザインを選べるのも嬉しいですね。

「小型だけどそこそこ容量の大きいモバイルバッテリーが欲しい」という人は、こちらの製品を選んでおけば間違いありません。

本体スペック

容量 10,000mAh
サイズ 9.2×6×2.2cm
重量 181g
USBポート数 1口
充電時出力 2.4A

Amazonで購入 Yahooで購入楽天で購入

②Anker PowerCore+ mini 

Anker製品で「PowerCore 10000」に並んで人気なのが、こちらの「PowerCore+ mini」。

「PowerCore 10000」よりも容量は小さくなりますが、重さはわずか84gと極限まで軽くなっています。
またスティックタイプなので、小物入れなどにもスッキリ収まります。

充電速度は「PowerCore 10000」に劣るものの、iPhoneであれば3時間程度で80%の充電を完了させることができます。

こちらもカラーは4色展開。

とにかく小さくて軽いモバイルバッテリーが欲しいという人におすすめです。

本体スペック

容量 3,350mAh
サイズ 9.4×2.3×2.3cm
重量 84g
USBポート数 1口
充電時出力 1A

Amazonで購入Yahooで購入楽天で購入

③KYOKA 6000mAh モバイルバッテリー

KYOKAのモバイルバッテリーは何よりその薄さが魅力です。
わずか1.2cmの薄さは、スマホと比べてもほとんど変りません。
ズボンやカバンのポケットにサッと忍ばせるのに適していますね。

またもう1つの大きな特徴として、こちらの製品にはミニ懐中電灯となるようなLEDライトがついています。
災害時に役立つのはもちろん、夜の玄関先でカバンの中の鍵を探す時なんかにも重宝しそうですね。

充電速度については「PowerCore 10000」とほぼ同等で、iPhoneであれば1〜1.5時間程度で80%の充電を完了させることができます。

本体スペック

容量 6,000mAh
サイズ 12×5.7×1.2cm
重量 145g
USBポート数 1口
充電時出力 2.1A

Amazonで購入Yahooで購入楽天で購入

まとめ

本記事ではおすすめの小型モバイルバッテリーについて紹介しました。

モバイルバッテリーを選ぶ基準はいろいろありますが、やはり持ち運びやすいに越したことはありませんね。

本記事で紹介したモデルはどれも「小型かつ軽量」で持ち運びやすさは抜群なので、カバンやポケットの中に入れておいても邪魔にならないはずです。

新しくモバイルバッテリーを買おうとしている人は、ぜひ検討してみてください。

気に入ったら是非シェアお願いします!